アウトドアにも安心のキャンプ用品

057b860f2011e5e88b60ee0547fe1a53_s

キャンプ用品を揃えよう

1人や2~3人で山道やオフロードを好んで走るツーリングライダーにとっては、
アウトドア用品はなくてはならないものです。アウトドアを本気で楽しむためには、
屋外でも寝泊まりができるテントやシュラフといったキャンプ用品がいります。

ですがバイクを使ったツーリングでは、大型車のようにたくさんのものを積載することができません。
バイクツーリングのコツの一つが、この「荷物をいかにコンパクトにまとめるか」ということです。
荷物をコンパクトにまとめるためには

①必要最低限の品物は何かをよく考える
②できるだけコンパクトなサイズに収納できるタイプのものを購入する
③バイクの安全性を確保できるような積載方法をマスターする

という3点の努力が必要です。
オフロード系のバイクを取り扱うバイクショップなどでは、
あらかじめ積載や梱包のしやすいアウトドア製品も一緒に販売してくれている場合もあるので、
もしあまり慣れていないようなら最初は詳しいお店の人に聞いてみるのがよいかもしれません。

アウトドア製品の種類

バイクツーリングでのアウトドア製品の主なものを挙げていくと、
テント、シュラフ(寝袋)、マット、ストーブ、コッヘル、ランタンなどがあります。
テントといっても最近よくあるような大型のものではなく、バイクライダー向けのものは
「シェルター」と呼ばれる一人用サイズのこじんまりしたものが主流です。

シェルタータイプよりもやや大型のサイズのテントとして「ドーム」型のものもありますが、
こちらはシェルターよりも上部な作りをしている分、骨組みがやや大きめになります。
居住性としてはやはり大きなドーム型が上なので、
荷物の軽減と寝るときの居住性のどちらを優先させるかによって選ぶとよいでしょう。

シュラフ(寝袋)には、長方形の筒型になっているタイプと、
「マミータイプ」という人の形(芋虫型?)になっているものとがあります。
防寒性で比較すればやはり外気が入り込みにくいマミータイプの方がすぐれていますが、
一度中に入ってしまってからの動きの良さということで比べれば、長方形型の方がよいかもしれません。

また外気の寒さを防ぎシュラフの汚れをなくすために、シュラフカバーを合わせて使うと便利です。
シュラフだけでは地面からの寒さを防ぎきれないこともあるので、丸めて収納ができるウレタンマットを持っておくと、
ちょっと一休みのときに腰の下に敷くことができます。アウトドアで料理をしたい人なら、
ガス式のストーブやコッヘル(鍋)を持っていくとよいでしょう。

カテゴリー: グッズ