バイクを買うときに揃えておきたい便利グッズ

最低限揃える物

初めてバイクを買うときには、バイク本体だけを購入すればよいというわけではありません。
最初の1台のときに必要になる費用としては、バイク本体代金のほか、任意保険料、ヘルメット、
カバー、盗難保険、防犯用品は最低限そろえておきたいものです。

バイク用品として必須のものはヘルメットだけですが、
バイクグローブやバイク本体を包むカバーは一緒に購入をしておいた方がよいと思います。
バイクグローブは教習所での実習時には怪我防止のために必ずつけることになっていますが、
いざ自分で公道で走る用意なると、じゃまだからといってしなくなってしまう人もいます。

ですが、バイクグローブは転倒時の怪我防止の他にもハンドルからの振動を和らげてくれたり、
防寒作用をしてくれたりするので、できるだけ着用して走るクセをつけておいてください。

バイクグローブに関してもう少し話をすれば、グローブならなんでもいいだろうと、
軍手や普通のファッションショップで購入できる手袋を代用する人もいます。
ですがこれは安全面や機能面を考えると良いこととはいえません。

布製のグローブの場合、通気性は確かにありますが滑りやすく指先の動きを奪ってしまうので
ハンドル操作を妨害してしまうことがあります。

同じファッションショップでのグローブでも、革製のものであれば滑りにくく
振動を和らげる力も強いのでよいのですが、やはり本来の目的として作られた
ライダーグラブを専門店で購入することをおすすめします。

夏場は手のひらに汗をかいてしまうのでつけないということもありますが、
夏用のメッシュ製のグラブをつけるとむしろ着用しないときよりも涼しく状態を保つことができます。
夏冬と季節ごとにグローブを複数用意して使い分けるのがよいでしょう。

キーホルダー

また、以外に持っていて便利なグッズとしてキーホルダーがあります。
キーホルダーはバイクのキーに付けて使うものですが、家の鍵やその他日常的に使用する鍵と
一緒にしてしまっていると、バイク本体にさしたときに邪魔になってしまったり、
いざというときの引渡しや修理時に面倒ができてしまうことがあります。

できればバイク用のキーは他のキーと別々にして、専用のキーホルダーで管理をするのがおすすめです。
ライダー用のキーホルダーはかなり種類も豊富で個性的なデザインのものが多いので、
一度専門店で探してみるとよいでしょう。

かなりカッコイイものも多いので、初心者ライダーにおすすめです。

カテゴリー: グッズ