「しまなみ海道」を走破

ツーリングの目的地は四国

今回はツーリング先として四国にターゲットを絞り、最適なツーリングコースを探してみました。
四国には名所と呼ばれる場所も数多くあることから、目的地探しには少々時間がかかったのですが、やっと見つけることができました。
それがしまなみ海道です。

これは四国の愛媛にある街道で、現在は中国やまなみ街道ともつながり、島根県の松江まで行けてしまうルートなんです。
いつの日かこのルートを全制覇してみたい気もしますが、今回は瀬戸内しなまみ海道のみに絞ってツーリングをおこないました。

海を走るルート

このルートは瀬戸内の名称がついていて、尚且つ「街道」ではなく海の道と書く「海道」であることからもわかるように海を終始眺めながら走れる場所です。
というよりも、ほぼ海沿いを走るようなルートです。

ご存知のように瀬戸内海にはたくさんの島々があります。
この瀬戸内しなまみ海道も愛媛県のタオルで有名な今治を起点に来島海峡大橋を渡って大島に渡ることができ、その後も各島を結んでいる橋を通って広島県の尾道へとたどり着くことができるルートなんです。
そのため、今回のツーリングも走り抜けるというよりは、それぞれの島に到着するたびにその島を観光するという、わりとゆったりしたツーリングとなりました。

島を堪能後に広島へ

それぞれの島には独自のグルメがありますし、観光客も多いことから瀬戸内を回遊する遊覧船なども出ていて、バイクからこのような船に乗り換えて、海の上から瀬戸内海の風景を楽しむというのもありです。
今回は時間の都合上、船には乗りませんでしたが、それぞれの島のグルメを楽しみながら広島まで向かい、広島では映画の街として知られる尾道を軽く散策しました。

この尾道は坂が多い場所なので、ツーリングコースに向いていると話す人もいれば、そうではないと話す人もいます。
いずれにしても独自の風景が広がり、遠くに望める海を一望できる展望台などもあるので、一度は訪れてほしい場所と言えます。
その先には中国やまなみ街道が続いていて、本州の反対側にある日本海側まで抜けることができます。

出雲大社などにも向かうことができるルートであることから、多くの観光バスも走っていますし、ツーリングをしているライダーもたくさん見受けられるルートです。
今回はここまでとなりましたが、やはりいつの日か日本海を目指してツーリングをおこなってみたいと思っています。

また、今回は四国を楽しもうと思ったものの四国そのものよりも周囲の島々メインのツーリングとなりましたので、次回は四国そのものを楽しめるツーリングを計画するのもいいかなと思っています。
とにかく、まだまだ魅力が豊富なエリアではあるので、また来るのが楽しみです。

カテゴリー: ツーリングスポット