関東ナイトラン

関東の夜を域に走ろう

暑い夏もやっと終わり、夜になると秋風を感じるようになると、バイクのりにとってはツーリングの季節、体もうずうずしてきます。
秋、心地いい風と気温の中、太陽の下、バイクを走らせるのも気持ちがいいものですが、秋の長い夜をもっと楽しむために、ナイトツーリングもいいものです。

秋の長い夜を楽しむというと、映画、読書、DVDをみるなどいずれもインドアのものが多いのですが、彼女と一緒にタンデムで関東の夜を走るのも素敵ですし、一人で楽しむのもいいものです。

ツーリングというとみなさん自然の中を走るとかワインディングを楽しむなんて考えがちなのですが、
夜、美しい夜の光がまばゆい東京等は、映画の主人公になったような気分で走る事が出来ます。

夜が更けると道はすいてくるし、結構気持ちよく走る事が出来るので、関東、東京の夜を走るというのもいいものです。
東京近郊でお仕事されているのなら、仕事帰りにちょっとツーリングなんていう楽しみ方もできます。

葛西臨海公園から大観覧車・・・ロマンチックすぎる夜景は彼女と一緒がいい?

葛西臨海公園からスタートして環状7号線と357号線付近にある公園、ここにはゴンドラの数が日本一という美しい大観覧車があります。
この観覧車を目印に走ればいいのでこの辺りがよくわからないという人も走りやすいと思います。

夜8時過ぎぐらいになると渋滞も無くなるので、気持ちよく夜のあかりの中、ロマンチックに走れます。
この大観覧車にタンデムで彼女と一緒、奥さんと一緒に行くのなら、観覧車にぜひ乗ってみましょう。

この観覧車、平日は20時、土日は21時までやっているのでちょっと早めにきて観覧車から見える景色を楽しまれても素敵です。

葛西臨海公園からお台場に向かって走る

葛西臨界公園から西方面、お台場方面に向かって走ります。
この辺りは昼間通行量が多く怖いと思う方も多いと思いますが、夜は非常に気持ちがよく混雑もないので走ってみてください。
東京ビッグサイトを越えて、有明橋手前に水の科学館が見えてきたら交差点を左折、すると夢の大橋があります。

ここでバイクと止めて遊歩道で一休み、全長360mという橋にはベンチが用意されていて、非常にロマンチックな雰囲気です。
やはり夜のツーリングとなると、こうしたロマンチックポイントが多いので、彼女と一緒っていうのが一番素敵な思い出になるのかもしれません。

東京タワーをみて改めて美しいと感じる

レインボーブリッジは上下二層構造、首都高速が上を走り、舌を新交通のゆりかもめ、さらに一般道、遊歩道があります。
景色を堪能するツーリングなら首都高速を走る方がきれいな景色をみられます。

このレインボーブリッジから東京タワー、実はそれほど遠くないので、レインボーブリッジを渡り130号線から銀座奉免に向かって金杉橋交差点を左折、すると夜の美しい東京タワーが見えてきます。

自律式鉄塔としては現在でも世界最高を誇るということ、みなさんご存知でしょうか。
東京スカイツリーもい非常に美しいのですが、やはり、東京タワーには何となく人情味を感じるというか、ザ・東京というイメージがあります。

東京タワーから永代橋へ

日比谷通りを北上、大手町交差点を右に曲がりシンプルで美しいアーチ形の橋、永代橋の夜景も美しいです。

この辺りは周囲に大小の証券会社があるので、そのビルの光もキレイですし、ぼーっと浮かび上がるような半円形の橋は、他のところで見るキラキラした輝きとはまた違う美しい輝きを誇っています。

この東京以外にも、横浜、川崎など都市部ならではの夜景を楽しめるナイトツーリングスポットがたくさんあります。
夜が長い秋、時間がある時にちょっと走ってみると気持ちがすっきりします。

カテゴリー: ツーリングスポット