世代ライディング・シミュレーターの導入促進

小型限定普通に輪免許取得の負担軽減に向かっている具体的なシステム

近年、バイクの免許について取得負担を軽減しようという動きが見られていますが、その中に、排気量125ccまでの運転ができる小型限定普通二輪免許取得の際、負担を軽減しようという動きが警視庁の中で具体的に動いているのをご存知でしょうか。

この切り札といわれているのが、全国各地の教習所に次世代ライディング・シミュレータ^―を導入しようという動き、導入促進です。

自動車の場合も、バイクの場合も、交通法規を理解することに加えて技術を習得しなければならないので、交通法規の授業も実技の授業も長く行う必要がありました。
これについて、取得にかかるまで尾実技郷愁を最短2日の条件とする調査研究を立ち上げるとしています。

まだ結論を得るまでの日程として定まっていないのですが、現行よりも最短3日で終了しようという教習と、最短2日までで終了しようとする条件を検討中ということです。
しかし、ほうれいが定める最短3日ということも実現できていないという状態なので、こうした動きについてはまだまだこれから本格的に始動すると考えておくべきでしょう。

指定教習所はどういう実態なのか

法令が定める最短3日にも届くことが出来ず、全国各地の教習所の中で98%もの教習所がこの状態となっているその理由にはシミュレーター教習が存在しているからです。

シミュレーター教習を行うことによって最短4日以上という状態になっています。
教習所ではその他の二輪免許についても義務付けられているシミュレーター教習ですが、教習生全員に対応できる数のシミュレーターが確保されておらず、結果、実技教習を終えても、シミュレーターの予約が取れずに伸びてしまうということになるのです。

シミュレーター教習の数のために技能教習が遅れてしまうという現状があるという状況を代解する方法として、次世代シミュレーターの開発、またシミュレーターに必要な技能講習の中身を簡素化させるなどが必要となってきます。

次世代シミュレーターの導入に補助を行うことも目指す

教習所内のシミュレーターが足りないという状況であるなら、バンク角を反映させるなどの教習を省略させるなどが考えら、これに基づき、価格が安く簡素化された次世代シミュレーターを開発できる規格というものも、整えられている状態です。

既にこの規格によって次世代シミュレーターを販売しているということなので、この先、各地域の教習所で利用されるところも多くなっていくと考えられます。

またこの次世代シミュレーターについては補助等も考えられており、よりスピーディにバイクの免許を取得できるように、国等も動きを進めているのです。

カテゴリー: バイクニュース