冬用バイクウエアの選び方

薄く暖かく

バイクは雪の降らない地域なら一年を通して乗ることができますが、
それでも冬期間の冷え込みは相当なものになります。ただでさえ寒い外気の中、
風を切って走るバイクの上で感じる寒さはまさに凍りつくほどのものだからです。

車と違って風を直接受けるバイクでは、
手足がかじかんでしまうことで運転操作を誤ってしまうという危険性もあります。
より安全に快適にバイクを楽しむなら、真冬のバイクにも対応できる
便利なウェア選びをしていくことが大切です。

冬用のバイクウェアは現在とても優れた性能のものが多くのメーカーから販売されています。
防寒用というとどうしてももこもこの厚手のウエアのように思えますが、実際にはかなり薄くても
十分に暖かさを得ることができる便利なグッズもあります。

そのしくみとしては、着用することで皮膚と服の間の空気を逃さないようにするというもので、
少し動いただけでもぽかぽかと温かみを感じることができるようになっています。

この服と皮膚の間にある空気のことを「デットエア」といいますが、
これはユニクロのヒートテックのように多くの冬用の服に応用されています。

防風対策

加えてバイクウェアでは服内部の空気を逃さないようにするとともに、
外からの風を入れないような防風対策も求められます。

ストリート用のコートやジャケットにも防寒性の高いものは多くありますが、
バイクウェア用として専門に開発されたものになると、袖口や襟元といったバイクに
乗ったときに起こる独特の寒さの入り込みを防ぎやすくなっています。

さらによい製品になると、ジャケット内側にプロテクターが入っていたり、
運転をするときに起こる動作を妨げないような柔軟性があります。

バイクウエア選びをするときには、できれば自分で直接そのウェアを着用してみて、
体にきちんとフィットするかを確認してから購入するようにしましょう。

サイズが合わないウェアを着用すると、せっかくの防寒性や防風性が
きちんと発揮されずに冷たい風が体内に吹き込んでしまって台無しということにもなります。
また、ウエアだけではなくハンドル部分のカバーやメットと首周りのカバーなど
細かい部分のアクセサリーも一緒に購入しておくとより完璧に防ぐことができます。

冬がだいぶ進んで寒いと感じるようになってから購入をするとなると
なかなか品物が揃えにくいので、できれば早いうちに冬支度を整えておいて
いざというときに慌てないですむようにしておきたいですね。

カテゴリー: グッズ