車載カメラで旅の思い出

バイク視点

バイクで遠出をするときには、
その時に見る景色や空気をできるだけ形に残しておきたいと思うものです。
SNSを利用しているときなど、どこかに行ったときにその証拠になるような写真を
撮ったりして友達にちょっとした自慢をしたくなります。

ですが、バイクに乗っているとその途中で見える景色を写真で撮ることはできませんし、
絶好のシャッターチャンスの場所で都合よく下車ができるとも限りません。
なにより、バイクを運転しているというリアルタイムの空気を
うまく伝えることができないというのはライダーにとってはもどかしいところですよね。

そこで最近使い始めたのが車載カメラです。
私の周囲でもバイクに車載カメラをつけてお気に入りのロードの映像を
記録しておいてYoutubeなどにアップしている人が増えてきています。

前々から友人たちがそうして走っている映像をアップしているのを見て、
自分もいつかはやってみたいと思っていたところ、価格もお手頃になってきたこともあり
思い切って購入をしてみました。

実際車載カメラはここ最近ライダーグッズの中でも
かなりの人気商品になってきているとのことで、大きさも大小、取り付け方もさまざまと
かなり幅広いラインナップから選ぶことができるようになっています。

当然のことながらバイクに乗っていると突然雨が降ってきたり砂塵や
泥はねがあったりするので、そうした防水・防塵にも配慮があるのが特徴です。
映像も小型ながらかなり高性能で、バッテリーやHDも数年前までとは
比べ物にならないくらいに長持ちをするようになってきている様子です。

実際に購入した感想

私が初めて購入をしたのは車載カメラでも人気機種であるGoProの製品です。
バイクへの車載カメラでは、タンクの上部(ちょうどハンドルが画面下部に見えるくらいの位置)
につけるものと、マフラー近くの足元に設置するタイプとがありますが、
やはり実際に運転しているときと同じような目線で撮影がしたいと考えこちらのタイプを選びました。

なおあとで調べたところ、GoProの製品の中にはヘルメットの脇に
とりつけることができるタイプのものもできてきたようで、まさに自分の目線と
まったく同じところからの撮影ができるタイプもあります。

試しに少し走ってみたところ、思ったよりも臨場感があり大満足の映像となっています。
車載カメラは価格も機能もピンキリなので、どこまで凝るべきかということを考えつつ
また機材を揃えていきたいです。

カテゴリー: グッズ