ライダーの必需品、防寒・雨除けグッズ

a9590264c20fbe2a28a12f0173417728_s

気候対策は必須

バイクは乗っていると全身にそのときの気候状況がそのまま覆いかぶさってきますから、
かなり厳重に気候対策をしておくことが求められます。

夏場の暑い時期は特に装備に手を抜きがちで、半ズボンにランニング、
半ヘルメットで大型バイクを運転しているような人もたまに見かけますが、
安全面や操作性を考えればそこまで手抜きをするのはどうかと思います。

夏用のバイクグッズもかなりたくさんのショップから販売をされているので、
防暑対策ができるものを選んでそろえておくとよいでしょう。

同様に、寒い時期に手がかじかんでうまくハンドルやシフトチェンジができないようなことがないよう、
防寒のできるジャケット・ウェアを用意しておいてください。

街乗りだけしかしないような人であれば、それほど服装やアクセサリーに気を使う必要はないのかも
しれませんが、これが遠方までのツーリングをよくするという人ならそういうわけにはいきません。

山道・海沿いを走るなら

ツーリングコースとして好まれるのはほとんどが山道や海沿いなど
あまり交通量のない地方の道などです。急な雨風が起きたときにも、
そこから長い距離を運転しなくてはいけないということもよくあるので、
常にいざというときのことを考えて装備を整えておく必要があります。

急な気候の変化に対応するために最低限必要なグッズとしては、雨除けのためのレインウェアがあります。
レインウェアは上下セットになっていて、雨や風を通しにくい構造をしています。

その反面通気性にはかなり気を遣ってあり、汗など衣服内で生じた水分は
うまく逃がせる構造にしてあるので、ひとつ良い物を購入して常備しておくことをおすすめします。
ウェアの他にも、ブーツを雨から守るためのブーツカバーもあるので
一緒にバイクに積んでおくとよいでしょう。

バックも準備しよう

それらのレイングッズをバイクに備えておくためには、キャリーバックがあると便利です。
長距離旅行などで荷物が多い場合には、後部座席にキャリアーを付けてロープで固定をするとよいのですが、
近距離の場合などにはバイク内部のポケットやボディーバックに入れておくようになります。

リュックタイプのバックはたくさんの容量が入って便利なのですが、
ややファッション面では劣ってしまうこともあります。

そんなときには腰の後ろにまわしてつけられるヒップバックにすると、
運転中もバランスを崩しにくく、ファッション面でもかなりかっこよくまとめることができます。
大きなバイクになると最初からレインウェアを入れるカバーが付属していることもあります。

カテゴリー: グッズ