バイク乗りの為の花粉症対策グッズ

春先に使える花粉症対策グッズ

花粉症を持っている人は、春先や秋口の時期は大変につらいものですよね。

本当であれば新緑の緑や紅葉の景色を充分に楽しみたいところなのに、バイクで出かけてしまったときにはもろに花粉を浴びることになりとてもじゃないけど運転なんてできないということにもなってしまいます。

最近では花粉症対策グッズとしてマスクやメガネなどがたくさん販売されていますが、バイクに乗りながら使用するとなるとちょっと機能的に難しいような場合もあります。

そんなときのために用意しておきたいのが、バイクに乗る人専用に開発された花粉対策のためのグッズです。

もともとバイクに乗るときには顔全体を覆うヘルメットやゴーグルを着用するわけですから、そこに専用の花粉症対策機能がついているというものを選べばよいというわけです。

ヘルメット部分をアレンジする

普段バイクに乗るときにはフルフェイスのヘルメットを使っている人も、花粉症対策のときにはちょっと違った方法にしてみるのがおすすめです。

バイク用の花粉対策グッズとして注目なのが、まずは口と鼻の部分をすっぽりと覆うことができるマスクです。

マスクといってもよくドラッグストアなどで販売されているような紙製や布製のものではなく、見た目としてはガスマスクに近いような完全に顔半分を覆うようなものです。

こちらはかなり性能的にも優秀な場合が多く、見た目もかっこいいのにかなりしっかりと外気に含まれる有害物質をシャットダウンしてくれるようなものもあるので、ぜひ一つは購入しておきたいところです。

なお花粉症対策の他にも今社会問題となっているPM2.5などの公害物質も同じように防ぐことができるので、都内など交通量の多い地域や、中国方面から風が流れて来やすい地域に住んでいる人も同様におすすめのグッズとなっています。

それと合わせて使用したいのが、目の部分を守ることができるゴーグルです。

こちらはスキーやスノーボードをするときに使用するものとよく似ていますが、「花粉症対策」と銘打っている製品では内部に入り込む花粉をしっかりと防いでくれるので、上記のマスクと合わせることでかなり効果的な防御を作り出すことができます。

ウェアにも注意が必要です

花粉症の人にありがちなのが、外出するときには口や鼻の防御にかなり気を使っているけれども、案外家の中は無防備というようなケースです。

花粉は顔の部分だけを狙い撃ちしてくるわけではありませんから、仮に呼吸器に入り込むのを防いだとしてもその間衣服に付着を続けていたりします。

自宅に帰ってからマスクやゴーグルを外したとたん、服についていた花粉を吸い込んで発症、なんてことになったら笑い話にもなりません。

そこで花粉が多く飛来する時期には、レインウェアなど衣服内に花粉が入り込みにくいものを選んで着用し、家に入る前にきちんと花粉を払い落とすことができるようにしておく必要があります。

玄関口などに小型の掃除機を置いて、丁寧に払いだすことができるような体制を作っておくこともかなり効果的です。

カテゴリー: グッズ