半永久的なガラスコーティング「CR-1」

バイクをきれいに乗りたい方へ半永久的に被膜持続するCR-1

ガラスコーティングと聞くと四輪のもの、というイメージがあります。
そもそもガラスコーティングは一度施工すると、防汚効果が数年持続するということ、またもし汚れても水洗いのみで埃や泥、ブレーキダストなどをきれいに落とす事が出来るというものです。
この四輪用というイメージが強いガラスコーティングは今、バイク、二輪用としても普及してきています。

中でも注目されるのは、バイク用ガラスコーティングの技術を高めた株式会社山城のCR-1です。

バイクにコーティングという概念がなかった

四輪にガラスコーティングを施すというオーナーが少しずつ多くなってきた時代、2004年当時、すでにCR-1は発売されていました。
でも当初、バイクをコーティングするという概念もない時代でした。

CR-1は、株式会社山崎の減、CR事業部スーパーバイザーである田代さんという方が生みの親として知られています。
田代さんは自他ともに認めるバイク好きで、車を大切にするオーナーがいるという事は絶対にバイクを大切にしたいと思うオーナーがいるはずと考えたことから、バイク用のコーティングの製造に着手したといいます。

1年という年月を開発に費やしたというガラスコーティングには強い拘りを持ち、本物のガラスコーティングである、傷を防止すること、高熱に耐えられる事、耐久性がある事等を目指しました。
耐久性についてはガソリンスタンドの洗車機に連続して20回も通したというほどの念の入れようです。

出来上がった拘りのCR-1

ナノインデンテーション試験数値、鉛筆高硬度試験、耐熱温度、いずれも素晴らしい出来となり、CR-1が商品化されました。
このナノインデンテーション試験数値とはシリコン系ハードコーティングで0.8GPaとされるところ、CR-1は3.2GPa、鉛筆高度試験はウレタン樹脂塗装でF以上、セラミックコートが3H以上とされるところ、9H、エンジン部分で最も高熱になるプラグ温度が約800℃とされる所、CR-1は1300℃という数値を出しています。

こうした数値を見てもCR-1が最高のガラスコーティングとなっていることがわかります。
CR-1の被膜は0.1マイクロメートルという薄さです。
この薄さが実現した唐こそ、熱による膨張や収縮に対応、耐久性を維持できるようになっています。

この企業の本社にある看板には、CR-1施工済みの看板が雨ざらしのまま設置されています。
メンテナンスをしなくてもコーティングがはがれる事もなく、美しい艶を保ったままでCR-1が10年以上耐久性を保つことができる証拠となっています。

リセールバリューが上がるという利点

実際にこのCR-1を施工している企業は、CR-1を施工したバイクについては、以後、売却する際、査定金額が高くなるという事で、お客様としては次回バイクを購入される際に、CR-1を施工してほしいといってくるということで、リセールバリューがあるという大きな利点を感じているようです。

リピートしてくれる顧客は、その良さをほかのユーザーに広めてくれるため、より一層顧客が増える要因となります。

カテゴリー: グッズ