ブレーキパッドの交換と選び方について

バイクのブレーキパッドで走りが変わる

バイクのブレーキパッド、この部分は基本的なメンテナンスの一つとされていますが、ブレーキパッドを定期的に交換されているという方は少ないようです。
ブレーキシステム全体についてはかなり高価なものですが、パッド交換は比較的安く利用できるメンテナンスなので、しっかり定期的に行ってほしい部分です。

バイクのブレーキパッドは、用途に応じて選択します。
それというのは、人の命を守るブレーキという大切な部分のパーツとなりますので、あまり性能の悪いモノを利用するのはよくありません。

必要不可欠なパーツです。
ブレーキパッドがないという事はイコール走行できないという事になるのです。

新品と使用済みを見てみると、使用済みは削られ、薄くなって溝が浅くなっているのがわかります。
こうなると交換しなければならない時期です。
かえてみて性能が急に上がり、ビックリされる方も少なくありません。

バイクのブレーキパット、どの位するの?

バイクの部品というと、高いものも多いので、ブレーキパッドはどのくらいするものなのか気になります。
バイクのブレーキパッドを含めたブレーキシステムとなると高額です。
安全基準という事を考えると、簡単に交換できるようなものでもありません。

ブレーキのメンテナンスとして考えれば、ブレーキパッドのメンテナンスで十分と考えられるので、ブレーキシステムを交換するという事ではなく、ブレーキパッドの交換を考えます。
一般的にそれほど高いものではなく、メンテナンス部品としては安い方です。

バイクの純正ブレーキパッドは一定の費用の範囲内で耐性をもって環境に応じた走りができるように作られています。
走り方、走行距離によって交換時期が変わりますので、バイクショップで見てもらい必要なら交換していきましょう。

スポーツタイプなどもある

通常ブレーキパッドなどは、バランスを考慮して好感しますが、バランス重視ではなくスポーティな走りをしたいという事なら、スポーティにあったブレーキパッドがあります。
スポーツタイプのほかに、雨が降っていても性能が高いものなど、利用する環境によってその性能を高めるブレーキパッドもありますので、自分がどのような状況でバイクに乗っているかをよく考えてみましょう。

ブレーキパッドにはセラミックシンタードモデルやセミメタルパッドなどのいろいろな種類があります。
スポーツタイプはセラミックシンタードモデルが利用されていることが多いです。
セミメタルパッドという種類もありますが、雨天の性能が低いですが、バランスのいいブレーキパッドです。

種類、性能、環境時に応じて利用するブレーキパッドを考えるべきですが、わからないという人は、バイクショップの方に相談してメンテナンスしましょう。

カテゴリー: バイクを知る